« Rogue入門講座・1日目(Anju/Rogue) | トップページ | Rogue入門講座・2日目(Anju/Rogue) »

2005年12月 1日 (木)

初めてのインスタンス・ヒーラー編(Utusemi/Druid)

Piroさん、読んでる~?安寿さんからStockadeに行くって聞いたんで、社長さんと一緒にヒーラーがパーティーで戦う時、どう行動すればいいかって相談して、安寿さんにまとめてもらっただ。参考にしてけろっ!!

<<初めてのインスタンス・ヒーラー編>>

この文章は、初めてパーティーで行くインスタンスで、ヒーラーの方がどのように戦えばよいかのポイントを整理したものです。一部Druidの方専用の内容になっていますが、Priest・Paladinなど回復呪文を使えるクラスの方なら参考になる内容となっていると思います。なお、ヒーラー職の方がメインヒーラーを務める事を前提に書いており、別のヒーラーの方がいて自分がサブヒーラーの場合はここに書いているよりは攻撃的な戦い方に切り替えたほうがよいと思います。

1.持っていくもの

インスタンスに行く前に用意しておくものです。

・ポーション
Healing Potion・Mana Potionはほぼ必須です。回復呪文を使えるクラスの場合はMana Potionのほうが使いやすく、Healing Potionはどちらかといえば、ヒットポイントが残り少なくなって、Mana Potionを飲む・回復呪文を唱えるの2ステップを行う余裕がない場合に使います。

・飲み物
マナ回復のドリンク類は多めに用意しておきましょう(10本以上)

・呪文を唱えるのに必要なアイテム類
クラスによって呪文を唱えるのにアイテムが必要な場合があります(Druidの場合回復呪文Rebirth用のMaple Seed・Paladinは戦闘状態を解除する呪文Divine Intervention用のSymbol of Divinityなど)。忘れず買っておきましょう。

・クエストアイテム
銀行に置き忘れないように注意してください。

2.戦闘開始前
敵地に近付いたら、パーティーのみなさんに忘れず補助呪文(防御力を高めるなどのいわゆるBuff)をかけてあげてください。かける時は自分も含めてまとめてかけて、呪文の効果が切れそうになったら、まとめてかけ直したほうが、かけ忘れがなくてよいと思います。

3.戦闘開始
パーティーで戦う時は、ヒーラーは敵への攻撃よりも味方の援護が役割の中心です。敵と遭遇したら、まずは前衛が戦闘に入るのを見極めて、戦況を確認してください。こちらが明らかに優勢だったら、ヒーラーは敵に補助呪文(防御力を下げるなどのいわゆるDebuff)をかけるのと、味方に回復呪文をかけるくらいで、極端な話攻撃は無理にしなくてもOKです。倒すのに時間がかかっているようだったら、攻撃呪文を唱えてもいいですが、その場合の注意として、攻撃する相手は、今誰かが攻撃中で、ヒットポイントが減ってきている相手を攻撃し、間違ってもヒットポイントが満タンの相手は攻撃しないようにしましょう。へたをすると、そいつが自分のほうに向かってきてしまいます。ヒーラーは味方の援護に徹するため、極力敵に襲われないように心がけるのが鉄則です。また、マナを使いすぎるとまずいので、あまり攻撃呪文を連発しないように。いずれにせよ、序盤の頃はヒーラーの人は少し手持ちぶさたに感じるくらいでちょうどいいです。

4.自分が襲われたら
自分が敵に襲われた場合、誰か前衛が援護に来てくれて、そいつをひきはがしてくれるのが一番好ましいのですが、他の敵の対応に追われて来てくれない場合も多々あります。その場合は仕方ないので、武器・呪文を使ってその敵と戦ってください。敵を足止めする呪文を使うのもOKです(ただしDruidのEntangling Rootsは屋外専用です)。Druidならばクマなどに変身するのもありです。その場合も他のメンバーのヒットポイントに気を配り、必要があればすぐに回復呪文を唱えられるようにしてください。ただし、攻撃してきた敵が強い場合、あるいは複数の場合は、一人で戦うよりは、素直に助けをもとめましょう。

5.回復呪文の使い方
戦闘中に使う回復呪文は、詠唱時間が短いものが好ましいです。というのは、呪文の詠唱をキャンセルしてくる敵もいるので、詠唱時間が長い呪文だと、途中でキャンセルされて、回復するつもりの味方が命を落とす場合もあるからです。Druidの場合、詠唱時間:0(インスタントキャスト)のRejuvenation・詠唱時間:中のRegrowth・詠唱時間:大のHealing Touchがありますが、戦闘中は前の2種を主に使い、Healing Touchは戦闘が終わった後のダメージが大きい人の回復用にするのがいいでしょう。

6.乱戦及び中ボスクラス以上との戦い
序盤の頃はヒーラーの人は手持ちぶさたくらいでいいと書きましたが、大量の敵が現れた時・及び中ボスクラス以上との戦いの時は俄然忙しくなります。味方のヒットポイントがどんどん減っていくので、ヒーラーは矢継ぎ早に回復呪文を打たなければいけません。攻撃呪文を使いすぎる戦い方をしていると、こういう時にマナが足りなくて困ってしまう訳です。回復呪文の使いすぎでマナがなくなりかけた時、及び敵に襲われて回復呪文を唱える余裕もない場合は、ためらわずMana Potion・Healing Potionを使ってください。レベルが低い頃はお金の余裕がないので、どうしてもPotionを使うのをためらいがちですが、インスタンスでの乱戦中のためらいは即、死につながります。戦闘を無事切り抜けて、マナが残り少なかったら、次の戦闘に備え、ドリンクを飲んでマナを回復させてください。

7.自分が絶対絶命の時
自分が絶対絶命のピンチになった時は味方に助けを求めるしかないのですが、死にそうになっても、逃げ出すのは絶対禁物です。逃げ出してしまうと、他のメンバーが助けに来れなくなってしまいますし、へたに逃げ出すと、近くにいる他のモンスターを刺激してしまい、大抵状況がさらに悪くなります。逃げ出して死ぬよりは、その場で死んだほうが、パーティーの被害も少なくてすみます。唯一逃げ出していいとすれば、生き残りが自分ひとりで、その場の敵を倒しきるのがとても無理そうな時くらいです。

8.死んだ人を復活させる
パーティーの中で死者が出たら、復活呪文を使って生き返らせてあげましょう。ただしDruidの復活呪文は、戦闘中でも使えるというメリットを持つ代わりに、30分に1回しか使えません。ですので、メンバーの中にPriest/Paladinがいれば、基本的に復活呪文はその人にお願いし、Druidは他に回復呪文を使える人が生き残っていない場合のみにしましょう。ちなみにインスタンスの中で死んだ場合は、外の墓場からインスタンスの入り口まで走れば、入り口の所で生き返ることができます。もちろん死んだ人に復活呪文を使った場合は、死亡した場所で復活できます。

以上長くなりましたが、ヒーラーはパーティーの生命線です。常にパーティーのみんなに目を配り、一人でも多く生き残ってインスタンスを制覇できるよう、がんばってください!!
なお、ここに書いた以外に、パーティーを組む際の基本マナーを以下に書いていますので、合わせてご参考に。
これをやったら嫌われる
NeedかGreedか

|

« Rogue入門講座・1日目(Anju/Rogue) | トップページ | Rogue入門講座・2日目(Anju/Rogue) »

コメント

今、読んでるよー! ありがと♪
すんごくタイムリーなエントリーだわ、こりゃ(笑
何回も読んでベンキョーする所存であります。あぁ緊張。でも楽しみ。

少し質問デス… Mob を退治して落ち着いてる時に、loot できるものが残っていた場合、余裕があれば 拾ってしまっても良いものなのでしょうか?

投稿: ぴろ | 2005年12月 2日 (金) 12時04分

お役に立てば幸いです。
んーと質問ですが、本来rollで権利を決める緑色以上のアイテムでなく、また戦闘が終わった後であれば、問題ないと思うのですが、すみません、どういうシチュエーションなのか、この文章だけでは、イマイチはっきりとしません。
あるいはこういう話でしょうか?「粗大ゴミ捨て場に捨ててある古い自転車だから、別にいいだろうと思って持って帰ったら、ドロボウ呼ばわりされた」みたいな。

投稿: Sarada@中の人 | 2005年12月 2日 (金) 20時17分

戦闘してない時で緑以上じゃないアイテム、という意味です。
ありがとうございました。ちょっと分かりにくくてスミマセン…。
ドロボウ呼ばわりされたらイヤなので、ついつい遠慮がちになってしまいますね(笑

投稿: ぴろ | 2005年12月 3日 (土) 00時56分

Do you acknowledge that it is high time to receive the credit loans, which would make you dreams real.

投稿: KnightAlta | 2012年7月22日 (日) 05時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139215/7420639

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのインスタンス・ヒーラー編(Utusemi/Druid):

« Rogue入門講座・1日目(Anju/Rogue) | トップページ | Rogue入門講座・2日目(Anju/Rogue) »